本文へジャンプ
「ゆめはっと ジュニア・ウインド・オーケストラ」は、2004年9月、公益財団法人南相馬市文化振興事業団が地域や年齢を超えて青少年が音楽の楽しさを体験することを目的として設立した吹奏楽団です。

'05年1月に初代音楽監督アルフレッド・リード氏の指揮で「第1回演奏会」を開催。設立当初から国内外で活躍するプロの音楽家による指導を受け、年1回の定期演奏会のほか依頼演奏など幅広い活動を行っています。

定期演奏会ではこれまでに谷 啓氏、中川喜弘氏、北村英治氏、coba氏、ピアニスターHIROSHI氏など一流のプレイヤーと共演。'08年8月にはバーンスタイン作曲「キャンディード序曲」を佐渡裕氏の指揮で演奏。9月には「東京都交響楽団演奏会」のリハーサル特別見学で大野和士氏と交流しました。'09年には佐渡氏が監修を務める「富士山河口湖音楽祭」に招かれ、福田洋介氏による委嘱作「ノガケ侍−吹奏楽のためのファンタジア−」ほかを熱演。'10年8月に開催した「南相馬・野馬追ミュージックフェスタ」ではホスト役を担いました。

設立からこの春まで、レジデント指揮者 矢澤定明氏からの薫陶を受け、ホールを拠点とした吹奏楽団ならではの独自のサウンドを築いてきましたが、'09年7月に山下一史氏から指導を受けたご縁で、第7回定期演奏会の指揮台に山下氏をお迎えすることとなりました。
これからのジュニアの新しいサウンドにご期待ください。


※当オーケストラは、リード氏最後の委嘱作となった「ゆめはっとジュニア・ウインド・オーケストラのためのファンファーレ」そして開館5周年記念の委嘱作「ノガケ侍−吹奏楽のためのファンタジア−」(作曲/福田洋介)を有するウインド・オーケストラです。
作曲者 アルフレッド・リード/福田洋介 のメッセージはこちら
公益財団法人南相馬市文化振興事業団/ゆめはっと ジュニア・ウインド・オーケストラ
Copyright 2004- Minamisoma City Culture Foundation all rights reserved.