本文へジャンプ
音楽監督/指揮者
永久名誉音楽監督:アルフレッド・リード
国際的作曲家で世界中のバンドと演奏活動を行なった吹奏楽の第一人者。
1921年1月25日ニューヨーク市に生まれ、両親の音楽に対する深い理解のもと、10歳からトランペットを、15歳から作曲を学んだ。18歳で放送局の作曲編曲副指揮者となり、1942年から第529陸軍航空隊バンド副指揮者、ディレクターとして活躍。その後ジュリアード音楽院に入学しヴィットリオ・ジャンニーニに作曲を学んだ。1953年にベイラー大学シンフォニーオーケストラの指揮者となり、1966年から27年間マイアミ大学音楽学校の作曲と理論の教授を務める。1968年にはリマ国際音楽院から名誉博士号を受けた。
1981年の初来日以降80回以上来日し、レコーディングに、そしてプロや多くの市民バンド、高校・中学のバンドと協演、また彼らのために多くの作品を書いている。2004年9月、ゆめはっとジュニア・ウインド・オーケストラ音楽監督に就任。
2005年9月17日フロリダにて享年84歳の生涯を閉じる。

名誉音楽監督:山下一史

1984年桐朋学園大学を卒業後、ベルリン芸術大学に留学、1986年デンマークで開かれたニコライ・マルコ国際指揮者コンクールで優勝。
1985年12月からカラヤンの亡くなるまで彼のアシスタントを務め、以後、デンマーク放送交響楽団などを指揮、着実にヨーロッパでの実績を重ね、1993年から1998年までヘルシンボリ交響楽団(スウェーデン)の首席客演指揮者を務めた。
日本国内では1988年NHK交響楽団を指揮してデビュー、以後国内の主要オーケストラに定期的に出演し、好評を得ている。オーケストラ・アンサンブル金沢のプリンシパル・ゲスト・コンダクター(1991年〜1993年)、九州交響楽団の常任指揮者(1996年〜1999年)を歴任。また、大阪音大ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団常任指揮者(2002年〜2008年)を務め、2005年秋には、新国立劇場より松村禎三《沈黙》公演が招待され、東京の音楽界にも衝撃を与えた。2008年4月より同団名誉指揮者就任。
2016年4月より千葉交響楽団(旧ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉)音楽監督に就任。「おらがまちのオーケストラ」をスローガンに、定期公演のみならず、音楽教室にも積極的に出演、千葉県民一人一人に愛されるオーケストラをめざし、オーケストラの一層の発展に努めている。
東京藝術大学音楽学部指揮科教授。
ミュージック・ディレクターの紹介

佐々木 祥(打楽器)
北海道出身。東京音楽大学打楽器科を経て1985年仙台フィルハーモニー管弦楽団入団。オーケストラでの演奏活動のほか、アンサンブル「音楽工房104」での演奏。ジャズプレーヤーとの共演。吹奏楽の指導。手作り楽器教室、FMたいはくのパーソナリティー等、幅広い活動を繰り広げている。