本文へジャンプ
音楽監督/指揮者
永久名誉音楽監督:アルフレッド・リード
国際的作曲家で世界中のバンドと演奏活動を行なった吹奏楽の第一人者。
1921年1月25日ニューヨーク市に生まれ、両親の音楽に対する深い理解のもと、10歳からトランペットを、15歳から作曲を学んだ。18歳で放送局の作曲編曲副指揮者となり、1942年から第529陸軍航空隊バンド副指揮者、ディレクターとして活躍。その後ジュリアード音楽院に入学しヴィットリオ・ジャンニーニに作曲を学んだ。1953年にベイラー大学シンフォニーオーケストラの指揮者となり、1966年から27年間マイアミ大学音楽学校の作曲と理論の教授を務める。1968年にはリマ国際音楽院から名誉博士号を受けた。
1981年の初来日以降80回以上来日し、レコーディングに、そしてプロや多くの市民バンド、高校・中学のバンドと協演、また彼らのために多くの作品を書いている。2004年9月、ゆめはっとジュニア・ウインド・オーケストラ音楽監督に就任。
2005年9月17日フロリダにて享年84歳の生涯を閉じる。

指導者の紹介
山下一史(音楽監督)
1984年桐朋学園大学を卒業後、ベルリン芸術大学に留学、1986年ニコライ・マルコ国際指揮者コンクールで優勝。1985年12月からカラヤンの亡くなるまで彼のアシスタントを務め、1993年から1998年までヘルシンボリ交響楽団(スウェーデン)の首席客演指揮者を務めた。日本国内では1988年NHK交響楽団を指揮してデビュー。以後、オーケストラ・アンサンブル金沢のプリンシパル・ゲスト・コンダクター(1991年〜1993年)、九州交響楽団の常任指揮者(1996年〜1999年)、大阪音大ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団常任指揮者(2002年〜2008年)を歴任。2005年秋には、新国立劇場より松村禎三《沈黙》公演に招待され、東京の音楽界にも衝撃を与えた。2006年4月より仙台フィルハーモニー管弦楽団指揮者、2008年4月よりザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団名誉指揮者に就任。2009年4月から2012年3月まで仙台フィルハーモニー管弦楽団正指揮者を務める。2016年4月よりニューフィルハーモニーオーケストラ千葉 音楽監督に就任予定。



菊池公佑(トロンボーン)

栃木県宇都宮市出身。東京芸術大学卒業。2001年神奈川フィルの契約団員を経て2003年仙台フィルに入団。仙台フィルとはソリストとしても2005年に二ューイヤーコンサート、2012年に駅コン、青少年のための音楽鑑賞会などで度々協演している。
吹奏楽の分野では、課題曲クリニックやオリジナルコンサートなどを企画。東北の音楽文化普及に努めているほか、指導者としても宮城県内はもとより東北各地で多数の学校を指導、コンクールの審査員なども務め、高い評価を得ている。
トロンボーンを関根五郎、伊藤清、箱山芳樹、山本浩一郎、平田慎、ジョセフアレッシの各氏に師事。トロンボーンカルテット凱庵リーダー、ブラストリオZAI-MASU、仙台フィル金管5重奏団、音楽工房104、各メンバー。常盤木学園非常勤講師、仙台ジュニアオーケストラ講師。



佐々木 祥(打楽器)

北海道出身。東京音楽大学打楽器科を経て1985年仙台フィルハーモニー管弦楽団入団。オーケストラでの演奏活動のほか、アンサンブル「音楽工房104」での演奏。ジャズプレーヤーとの共演。吹奏楽の指導。手作り楽器教室、FMたいはくのパーソナリティー等、幅広い活動を繰り広げている。



菊池澄枝(クラリネット)
洗足学園短期大学卒業。在学中ペーター・シュミードル氏のマスタークラスを受講。99年「仙台ユース・クラシック・コンサート」オーディション合格、同演奏会出演。03年、日演連新人演奏会において仙台フィルハーモニー管弦楽団と協演。同年、浜松国際管楽器アカデミーにおいてヴェンツェル・フックス氏のマスタークラスに参加。これまでにクラリネットを大坪智枝、海鋒正毅、日比野裕幸の各氏に師事。
現在はソロや室内楽を中心に演奏活動中。また、ヤマハ(株)講師として東北各地で後進の指導にあたるほか、自身でもクラリネット教室を主宰している。東京クラリネットフィルハーモニー(TCP)、クラリネットアンサンブル・エニグム メンバー。